HSK5級の勉強三日目、リスニングのコツ。

JUGEMテーマ:中国語



お盆休みに勉強頑張る3日目(昨日)の話。
昨日は午前中にリスニングの過去問をやりました。

●中国語検定HSK公式過去問集5級[2015年度版]


これの第4回目の分です。
やっぱり聞き取りは難しいけど、結果としては30/45で67%の正解率。
まあまあ良い感じ。

私はリスニングが苦手ではあるのだけども、
このHSK5級のテストに関しては、コツというか、どう対応するかの方向性が見えてきました。
端的に言えば、HSKのリスニングは
『素直』
なので、素直に直感信じて答える!

TOEICとか、英検とか中国語検定って、
選択肢の中の答えが同じ意味の別の言葉だったり、ひっかけっぽい問題があったり、
直接的な答えではなく内容の意図を求められたり…、
素直に問題文にこうあったから、答えもこれってのが少ないです。

が!HSKのリスニングは素直なので(私的な感想です・笑)、
リスニング文の内容と答えが直結しています。
リスニングの中に答えが入っているときが多い!

例えば、これ。
リスニング内容:
男:今天是什么特殊的日子?怎么买花了?
女:送给我父母,今天是他们结婚三十周年纪念日。

问:女的为什么要买花?
答え:庆贺父母结婚30年

リスニング分の内容そのまんま。

でも内容自体を聞き取れないと…と思いますよね?
そこも、これで何とかなるという対策を見つけれた感じがあって、
それは、とにかく聞えてくる単語を拾う事!

リスニングが読まれる前に、回答の選択肢の文言を頭の中で中国語読みで読んでおく。
リスニングの中で回答と同じ発音が聞こえたら、それを正解とする。
一回頭の中で答えを読んでおくと、リスニングから聞こえてきた時に反応しやすいと思います。

内容分からないまま、適当に答えを選ぶよりは、正解率が高いと思います。


※この、コツはあくまでも私の個人的な感覚ですよ!

今の私のリスニング正解率は60%前後。
ちゃんと内容理解した正解が40%
単語の発音だけで当てたのが20%
位かな。まあ、しっかり聞き取り/内容理解できるように、日々がんばらねばですね。


私的リスニングのコツはここまで。

リスニングの答え合わせ後は、単語覚えるために、
こちらのテキストで勉強。

●合格奪取! 新HSK5級単語トレーニングブック


250単語ほど眺めて、分からない単語は読む。
この本には約1300の単語が記載されていますが、半分以上は既に知っている単語なので、
ざっと見て読むはほんと簡単です。
がしかし、読んで分かるのと、実際に書ける/使えるは大違いで、
さっと眺めて理解した(ハズの)250単語を、
日本語訳から書き出そうとすると、途端に難しい。
発音はできるけど、漢字が出てこない。書き方違う!
なかなか時間が掛かりました。





さて、今日は既にカフェで読みの方の過去問を解いてきました。
午後はリスニングやります。




おわり。


ブログ更新の励みになります。
よければポチっとお願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へにほんブログ村 外国語ブログへ

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL

現在使用中の参考書

●本気で学ぶ中級中国語 ●口を鍛える中国語作文 ●中国語検定HSK公式過去問集5級 ●聴読中国語