英検準1級を受けることになった理由

JUGEMテーマ:英語



1月から中国語の教室に通おうと画策しているのですが、
1月下旬の英検準1級を受けます!

最初は1月までのあいだ、TOEICの勉強をしようと思って、
参考書も買って勉強していたのですが、
誘惑が…。

以前興味があって、メルマガに登録していた「フルーツフルイングリッシュ」。
英作文の添削をしてもらえるサービスなのですが、
ちょっと高くて、登録だけに留めていました。

登録してから数年…、その間もちょくちょくメルマガが来ていていました。
普段は読まないのですが、件名か最初の文章辺りに、
「英検準1級対策」コンテンツができる!というのが目に入りちょっと興味がわきました。

英検2級取ってから、いつかは準1級に挑戦するつもりでいたもので…。
でもその時には、興味を持っただけで、受講しようとは思っていなかったのですが、
その後も届くメルマガをついつい読むようになり、紹介ページも観るようになり…、
とどめで、受講料割引は今日まで!というメルマガを受け取り、
悩みに悩んで、申し込むことにしました(笑)
確か締め切りの1時間前だったと思います。

そんなわけで、TOEICの勉強はちょっと横に置いて、
1月実施の英検に向けて勉強中です。


というか、対象者が興味の持ちそうな話題で、しっかり定期的にメルマガを出すことの大切さを実感。
私も仕事で月1メルマガを出すことにかかわっているので、勉強になったなーと思いますw


折角なので、以前買った参考書、単語帳を出して、ついでに、弱点の語彙問題集も購入。

●英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

以前購入していた単語帳。
音声を無料ダウンロードできる。
最近は、旺文社のアプリが出ていて、そこでも音声を無料で再生できました。
出る度Aの単語は確かに問題文でもよく見かけます。

●【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

私が持っているのは2年くらい前の物です。
最新のものは、新テスト方式に対応しているみたいです。
最新のものもパラパラ見たけど、語彙問題、長文問題は、今持っているものと大体同じだったので、
持っている物をそのまま使い続けています。

●最短合格! 英検準1級 英作文問題完全制覇

新しく購入。
TOEICでも英検でも、弱点は語彙なので、ここを集中して勉強しようと思います。
語彙集だと、本屋さんでは英検準1級語彙・イディオム問題500 (旺文社英検書)に目が行って、
最初はこれを買おうと思っていました。
が、ちょっと出版されて、改定されてからも年数が経っていて、もっと最新のものでやりたいなと思いました。
で、見つけたのがジャパンタイムズ編のこっちの語彙集。
初版が2014年でまあまあ新しいかなーと。
あと、問題の並びが私が好きな感じなので、こちらにしました。


されさて、がんばるぞー!

おわり


至高の模試600問、2回目のテストを解きました。

JUGEMテーマ:英語



「TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問」


全部で3回分あるテストの内の、2回目のテストを解きました。
問題の取り組み方に書いてあった通り、
今回は時間を測らず、全部時間をかけて解きました。

が!

1回目より、点数が下がってしまった…

自己採点。

私が以前受けたときのベスト記録
555点(LISTENING 340/READING 215)

1回目の点数換算
605点(LISTENING 350/READING 255)

2回目の点数換算
575点(LISTENING 355/READING 220)



原因は一目瞭然。
ただでさえ点数の取れないPart5&6が、今回は全然当たらず…。
採点しながら、苦笑い。



まあ、これでわかったこと。
Part5&6をメインに勉強する。ここで点数を取れれば、まずは目標の600点を達成できそうです。
頑張ります。




おわり。

現在使用中の参考書

●本気で学ぶ中級中国語 ●口を鍛える中国語作文 ●中国語検定HSK公式過去問集5級 ●聴読中国語